www.duer.co

自動車の損害保険には、この記事をお読みの方もご存知かと思いますが等級という名で知られる制度があるのです。より正確にはノンフリート等級別料率制度といわれ、掛け金にかなり大きく影響しています。等級は、クルマの保険に入っている人の公平な負担を可能な限り保つことを狙いとするので、事故を引き起こす可能性ないしは、自動車保険を利用する恐れが高いと認められるほど保険の料金が高額になります。その反対に交通事故を起こす見込みがより少なく、車の損害保険を使うとはあまり考えられない方に関しては優秀な運転者に違いないと判断されることで、月々の掛金が低額になります。安全運転している利用者の方のほうがより優遇される枠組みだといえるため事故を発生させやすい運転者には多少不都合な仕組みだと考えられるでしょう。等級は、危険度の低い利用者と事故の確度がより大きい加入者の月額の掛金が同額だと公平でないと感じてしまう被保険者が多数なので、会社側にとっても損を押えるためにどうしても欠くことのできない決まりだといえるのです。ここで、等級というものは一体どのような機構なのか簡単にご説明いたします。はじめに等級の数には1等級に始まり20等級まで定められており、数が増える毎に保険料金が割り引かれる機構になっていることが重要です。また、1等級より3等級の範囲については割り引かれず逆に割高になり、トラブルを発生させてしまいクルマの損害保険を適用すると等級が三つ低くなってしまい、負担が増加した車の損害保険を振り込んでいくことになります。最後に、新しく自動車保険に入るときは6等級より開始になり、その時から自分の級が下がっていくのか上がるのかは運転手の手にかかっています。そういうわけで、保険料を安く抑えたいドライバーはアクシデントを防止するために余裕を持った運転に努めるのがまずは最も近道です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.duer.co All Rights Reserved.