www.duer.co

考えもせずに突然出会うのが交通事故です。ここでどんな風に対応した内容で、自動車の保険料の支払金も大きく差が出るケースも予想できますので冷静な決断と対応が不可欠です。予測できないアクシデントに平静さを失ってしまったならば必要な対応を逃してしまい後々大損を負う場合もありえるので乗用車の事故をしてしまった場合には次に記述した判断を行います。車の事故の遭遇した場面でまずすべきなのは怪我をした方の有無を確認する必要があります。交通事故後は訳が分からず虚脱状態になってしまう状況がありなかなか対処できないのが現実です。ですので、重軽傷者がいたならば危なくない場所へ動いて応急手当を行い救急車を呼ぶなど救助の最優先に努めることが重要です。119番に電話をする場面では正しい現場を伝えて分かりにくい状況では辺りの目立つ建物や交差点名を知らせ事故現場の住所が判断できるようにします。2番目に警察へ電話して交通事故を起こしてしまった事そして様子を告げます。救急車と警察が来るのを待っている時間に負傷者の内容を聞きます。氏名、電話番号、事故の相手の方の自動車保険会社のような相手だけでなく自分の情報を教えます。その場面で事故相手に原因があるような状況ではそこで処理する状況がありますがその場で片付けるのではなくどういった場合だったにせよ110番や自動車の保険会社報告して、きちんとジャッジしてもらいます。互いの身元を言ったら車のじゃまになることをやめるために障害物を道の上から取り除きます。万が一障害になる物が他の車の邪魔となっている場合には自分と相手の情報の交換をするより早くそれを行うことは構いません。その後自らが掛金を支払っている自動車保険の会社に電話をし、自動車の事故が発生したことを報告します。自動車での事故から一定の期間内で保険屋さんに電話しておかないと車の保険の適用除外にされる場面も想定されますので時間が出来たら速やかに連絡を入れることが大切です。また事故の形跡として、カメラやタブレット等で事故やマイカーの破損の状態が分かる写真をを撮ります。この証拠写真は落ち度の割合決める際にとても大きな糸口となりますので、己の乗用車や相手の車の破損状態をしっかりと証拠写真として残しておくことが重要です。その際に他の人がいたとしたらおまわりさんや自動車保険会社が到着するまでその場にいてもらうように依頼するのも重要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.duer.co All Rights Reserved.