www.duer.co

自動車での事故が起こった場合己が事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした相手が手落ちを全く受け入れないケースはたくさん聞くことがあります。例えば、意図的に起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで相手の車を激突した時に、そういう言い合いに結果なってしまうケースがないとは言えません。例えそうであっても事故現場で車のみの「物損」片付けられて、忘れた頃に自覚症状が出た時にかかった病院の診断書を警察署に出すというのは対応が遅れるのはしょうがなくなってしまいます。そうであるなら、車の事故の過失割合の認定にはどういう風な判定基準が存在するのでしょうか。正確に言えば警察署が決めるのは自動車の事故の責任が認識されるのはどちらかということであり割合というわけではありません。さらに、最終的に決められた事故の責任者が知らされる事態は考えられません。このため、過失の割合は本人たちの相談の結果に応じて決められたこの結果が損害賠償額の算定の基準となります。この際に、お互いが任意保険に加入をしていなかった時はお互いが直接調整します。しかし、そういった話し合いでは、非論理的な応報になるケースが高いです。これに加えて、互いの主張に差があれば下手をすると、係争に進みますが、これでは多くの時間と裁判費用甚大な損失は避けられません。ですから普通は各々の当人についている自動車保険会社、そのように両者の保険の会社に調整を委任する方法で、適切な過失割合を丁寧に結論付けさせるのです。こういった場合、自動車保険の会社は以前の車の事故の事例の判決から導き出された判断基準、判断例等を元に、予想と相談を行って過失の割合を決定します。と言いつつも、自動車事故のケースでは遭ったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらずまず最初に110番通報するのが鉄則です。その後自動車保険会社に電話してこの先の協議を頼むのが順番となります。ちゃんとした順番さえ分かっていれば両方の無意味な議論となる事を未然に防止できます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.duer.co All Rights Reserved.