www.duer.co

自動車での事故が起きた状態で、己が車の事故の被害者でも、相手方が過ちをちっとも受け入れないことはたくさん存在します。故意に起したのではなく注意散漫で乗っていた車を追突したケースでそうした口論につながってしまう可能性がないとは言えません。例えそうであっても、その場で自動車だけの交通事故されて、忘れた頃に異常が出た時に、通った病院の参考になる診断書警察署に出すというのは後手後手に回るのは否定できません。それでは、自動車での事故の過失割合の認定にはどういう判定基準が決まっているのでしょうか。正しく説明しますと、警察が確定するのは、核として車の事故の大きなミスが認められるのはAかBかという事であって割合ということではないのです。さらに言えば、明確にされた事故責任者が警察署から知らされる事態は全くありません。よって、どちらに何割過失があるのかは事故にあった両者の調整によって決定されそれが事故の賠償の算定の根拠です。この場合、当事者同士が任意に加入する自動車保険に加入していなかった場合には、本人同士が直接調整するしかありません。ところが、当然この交渉では、非理性的な応報になる危険性があります。それに加えて、お互いの言い分が平行線をたどれば最悪、裁判にもつれ込みますが、その場合大切な時間と費用の計り知れない損害となってしまいます。それによりほとんど、互いの当人に付く自動車保険会社、この両方の自動車の保険の会社にやり取りを一任する手法を使って、適度な過失割合を客観的に結論付けさせるのです。このような時保険会社はそれまでの自動車の事故の裁判が行われ、出た結果から算定した判断材料、判例集などを基に、予想と協議をして過失割合を出します。とは言っても自動車での事故では遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかの如何を問わず真っ先に110番するのが重要です。その後保険の会社に連絡してこれからの交渉を任せるのが手順となります。ちゃんとした手続きさえ分かっていれば両者の無意味な協議となる事を回避できるに違いないのです。
Copyright © 1999 www.duer.co All Rights Reserved.